LAST UPDATE
2015/8/24

■利用上のご注意■
 ・日本溶接協会50年史は、1999年に日本溶接協会創立50周年を記念して出版されたものであり、
  内容は発刊時点のものです。
 ・日本溶接協会60年史(2009年11月発行) とあわせてご利用ください。
 ・ファイル形式はすべてPDFですので、閲覧にはAdobeReaderが必要です。
 ・検索機能は、文献検索システムをご利用ください。

日本溶接協会50年史
○発刊の辞 社団法人 日本溶接協会会長 藤田 譲
○創立50周年記念特別表彰者一覧
○創立50周年記念表彰者一覧
○日本溶接協会創立50周年を祝して
   工業技術院 院長 梶村皓三
   社団法人 溶接学会 会長 野本敏治
   IIW会長 BEVAN BRAITHWAITE OBE
   祝辞・メッセージ
○歴代会長写真
○50年史執筆者一覧
第1編 総  論
1. はじめに
  1.1 あらまし
2. 50年史の制作
  2.1 50 年史制作の趣旨
3. 日本溶接協会の設立
  3.1 協会設立以前の我が国の溶接事情
  3.2 協会設立の目的と経緯
4. 協会活動の歴史
  4.1 産業界関係
  4.2 学術・教育・訓練関係
  4.3 工業標準化
  4.4 情報の公開・広報関係
  4.5 国際化関係
  4.6 協会組織の歴史的変化
5. この10年の活動と現状
  5.1 あらまし
  5.2 協会の主な活動概要
6. 21世紀に向けて
  6.1 溶接要員認証制度と国際化
  6.2 ISO国際規格・標準への対応
第2編 産業の動向と溶接技術の変遷
1. 主な溶接方法と時代の流れ
  1.1 ろう付
  1.2 ガス溶接
  1.3 アーク溶接
  1.4 抵抗溶接
2. 1946〜1955(昭和21〜30)年期の産業と溶接技術
  2.1 農業を中心とした軽工業国から工業国指向へ
  2.2 どぶ浸け溶接棒から自動塗装法へ
  2.3 信頼性の向上と溶接部の検査の必要性
3. 1956〜1965(昭和31〜40)年期の産業と溶接技術
  3.1 造船建造量は英・独を抜き世界一に
  3.2 切断合理化とガス切断の進展
  3.3 各種溶接材料の発展
  3.4 新溶接法の導入
  3.5 施工面における新機軸と普及
4. 1966〜1975 (昭和41〜50)年期の産業と溶接技術
  4.1 経済大国への歩み
  4.2 溶接業界の拡充と自動化策
  4.3 当時世界最大のタンカー「出光丸」が竣工
  4.4 溶接構造物での大型事故の教訓
  4.5 各種国際会議・シンポジウムの開催
5. 1976〜1985 (昭和51〜60)年期の産業と溶接技術
  5.1 減速経済下での日本産業
  5.2 本格的溶接の自動化・半自動化の普及
  5.3 ガス溶接の廃止と炭酸ガスアーク溶接の急伸
6. 1986〜1998 (昭和61〜平成10)年期の産業と溶接技術
  6.1 バブル期とその衰退
  6.2 溶接構造の変化と新潮流
第3編 座談会「21世紀の溶接と日本溶接協会への期待」
座談会
 溶接界を盛り上げた部会活動
 始まりは30 年の遅れ
 難しい問題が残ってくる
 ストラテジィを持った規格づくり
 アジアにおける日本溶接協会
 21世紀への展望
 溶接教育をどう進める
 日本溶接協会への期待
第4編 専門部会活動
1. 溶接棒部会
  1.1 設置経緯
  1.2 業務委員会
  1.3 技術委員会
2. 電気溶接機部会
  2.1 業務委員会
  2.2 技術委員会
3. ガス溶断部会
  3.1 業務委員会
  3.2 技術委員会
  3.3 活動状況
  3.4 現況と今後の活動予定
4. 船舶・鉄構海洋構造物部会(旧・船舶部会)
  4.1 部会の組織と運営
  4.2 船舶・鉄構海洋構造物部会の特徴
  4.3 当部会の委員会の誕生
  4.4 活動状況
  4.5 溶接材料,溶接機器,施工法に関する調査
  4.6 技術の基準化,標準化
  4.7 今後の活動予定
5. 航空機部会
  5.1 設置経緯
  5.2 活動状況
  5.3 今後の活動予定
  5.4 報告一覧
6. 機械部会
  6.1 設置経緯
  6.2 部会の組織と運営
  6.3 活動状況
  6.4 最近の特筆事項
  6.5 今後の活動予定
7. 車両部会
  7.1 設置経緯
  7.2 活動概要
  7.3 活動状況
8. 自動車部会
  8.1 設置経緯
  8.2 活動状況
  8.3 今後の活動予定
9. 建設部会
  9.1 設置経緯
  9.2 部会の組織と運営
  9.3 活動状況
  9.4 今後の活動予定
10. 鉄鋼部会
  10.1 設置経緯
  10.2 部会の組織と運営
  10.3 鉄鋼製造技術の発展
  10.4 活動状況
  10.5 今後の活動予定
11. 貴金属ろう部会
  11.1 設置経緯
  11.2 業務委員会
  11.3 技術委員会
  11.4 今後の活動予定
第5編 研究委員会活動
1. 特殊材料溶接研究委員会
  1.1 設置経緯
  1.2 委員会の変遷と活動状況
  1.3 今後の活動予定
2. 原子力研究委員会
  2.1 設置経緯
  2.2 組織と運営
  2.3 活動状況
  2.4 この10年間の試験研究
  2.5 見学会,講習会及びシンポジウム
  2.6 今後の活動予定
3. 化学機械溶接研究委員会
  3.1 設置経緯
  3.2 組織と運営
  3.3 活動状況と成果
  3.4 今後の活動予定
4. 塑性設計研究委員会
  4.1 設置経緯
  4.2 委員会の変遷と活動状況
  4.3 塑性設計研究委員会の果たした使命
5. 溶接データシステム研究委員会
  5.1 設置経緯
  5.2 活動状況
  5.3 今後の活動予定
6. ロボット溶接研究委員会
  6.1 設置経緯
  6.2 活動状況
  6.3 今後の活動予定
7. 新素材接合・試験・評価研究委員会
  7.1 設置経緯
  7.2 活動状況
  7.3 今後の活動予定
8. はんだ研究委員会
  8.1 設置経緯
  8.2 組織と運営
  8.3 活動状況
  8.4 活動成果
  8.5 今後の活動予定
9. 表面改質技術研究委員会
  9.1 設置経緯
  9.2 組織と活動状況
  9.3 今後の活動予定
10. 粉体接合・加工技術研究委員会
  10.1 委員会設置の目的
  10.2 設置経緯とその後
  10.3 この10年間の活動状況
  10.4 今後の活動予定
11. レーザ加工技術研究委員会
  11.1 設置経緯
  11.2 活動状況
  11.3 今後の活動予定
第6編 特別委員会活動
1. 規格委員会
  1.1 はじめに
  1.2 設置経過
  1.3 昭和期における組織の発展過程と活動
  1.4 国際化の嵐の中で(平成期の活動)
2. 出版委員会
  2.1 設置経緯
  2.2 委員会の組織と事業活動
  2.3 常置委員会の活動
  2.4 この10年の活動
3. 安全衛生委員会
  3.1 設置経緯
  3.2 対策委員会から安全衛生委員会へ
  3.3 活動状況
  3.4 今後の活動予定
4. 特許委員会
  4.1 設置経過
  4.2 活動状況
  4.3 溶接業界,協会員への特許情報提供
5. 国際活動委員会
  5.1 設置経緯
  5.2 1980 (昭和55)年代の主な活動
  5.3 AWSとの相互業務協力協定の締結
  5.4 1990 (平成2) 年代の国際活動
第7編 認定・認証事業活動
1. 溶接技能者認証
  1.1 溶接技術検定委員会の沿革
  1.2 溶接技能者認証制度の現状
  1.3 現行検定規格及び資格認証の概要
  1.4 検定試験業務の電算機処理システムの導入
  1.5 長期計画の立案及び推進
  1.6 検定試験の安全対策と災害保険への加入
  1.7 ISO国際規格への対応
  1.8 検定試験に関する調査研究
  1.9 海外検定試験の実施
  1.10 外国人技能者の検定及び外国人研修生技能評価システム
  1.11 その他
  1.12 今後の活動予定
2. 溶接技術者認証
  2.1 設立の経過・問題点
  2.2 資格認定業務の開始期
  2.3 資格認定業務の発展期
  2.4 溶接技術者資格の国際化始まる
  2.5 溶接技術者資格認定のための講習会と業務
  2.6 最近の諸外国の動向と対応
  2.7 今後の活動予定
3. マイクロソルダリング要員認証
  3.1 委員会設立の背景
  3.2 委員会設立までの変遷
  3.3 規格制定及び教育用教材の作成
  3.4 教育セミナー及び認定試験の実施
  3.5 今後の活動予定
4. 検査事業者認定
  4.1 設置経緯
  4.2 WES 8701の制定とその後の認定及びCIW の活動
  4.3 1988 (昭和63) 年以降のCIWの発展
  4.4 今後の活動予定
5. 鋼種及び溶接施工法認定
  5.1 設立の背景及び経過
  5.2 構成及び委員
  5.3 認定業務の内容
  5.4 実績及び今後の動向
6. ガス溶断器認定
  6.1 設置経緯と活動状況
  6.2 現況及び今後の活動予定
第8編 委託・調査研究活動
1. 異材接合部耐食安全性実証試験委員会
  1.1 委員会の目的と設置経緯
  1.2 組織と試験内容
  1.3 活動状況
2. 防衛庁関連委員会
  2.1 委員会設置の目的と経緯
  2.2 この10年の活動状況
3. 宇宙機用溶接技術研究委員会
  3.1 委員会設置の目的と経緯
  3.2 組 織
  3.3 ここ数年の活動状況
  3.4 今後の活動予定
4. 国際協力事業団 (JICA)溶接研修委員会
  4.1 委員会の設置経緯
  4.2 活動内容
  4.3 ここ10年の経過
  4.4 今後の活動予定
第9編 普及・啓蒙活動
普及・啓蒙活動
  1.1 全国溶接技術競技会
  1.2 機関誌・紙
  1.3 溶接図書
  1.4 国際ウエルディングショー
第10編 支部活動
支部活動
  1.1 概 要
  1.2 支部の位置付け
  1.3 活動状況
第11編 国際活動
国際活動
  1.1 溶接関連規格の国際整合化
  1.2 日米標準化イニシャテイブ
  1.3 IIWへの対応
  1.4 当協会の要員認証制度の国際対応
  1.5 POCWA (環太平洋溶接連盟)の充実
第12編 他学協会との共同活動
1. 東京都鉄骨加工工場登録制度推進機構
  1.1 設置目的
  1.2 設置経緯
  1.3 業務内容
  1.4 活動状況
  1.5 今後の活動予定
2. 日本圧力容器研究会議 (JPVRC)
  2.1 設立経緯とこれまでの活動
  2.2 20周年記念シンポジウム
  2.3 施工部会の活動
第13編 会  勢
1. 定款・細則・規則類
  1.1 定 款
  1.2 細 則
  1.3 規則類
2. 総会・評議員会・理事会
  2.1 総 会
  2.2 評議員会
  2.3 理事会
3. 会   員
  3.1 団体会員
  3.2 個人会員
4. 支  部
  4.1 支部に関する定款・細則の変遷
  4.2 支部の位置付けについての今後の動向
5. 部会及び委員会
  5.1 部 会
  5.2 委員会
6. 会務委員会
  6.1 総務委員会
  6.2 企画委員会
  6.3 財務委員会
  6.4 21世紀体制検討委員会
7. 表  彰
  7.1 記念表彰
  7.2 日本溶接協会賞
  7.3 亀久人賞及び溶接注目発明賞
  7.4 支部などに対する表彰
  7.5 佐々木記念賞
8. 会勢の推移
  8.1 会 員
  8.2 事 業
第14編 資  料
1. 定款(日本溶接協会現定款・旧定款)
2. 細則(日本溶接協会新細則案・現細則)
3. 主な規則一覧
4. 歴代役員一覧
5. 顧問等一覧
6. 日本溶接協会賞等受賞者一覧
  6.1 協会10・20・30・40周年記念受賞者
  6.2 功績賞 (日本溶接協会賞)
  6.3 功労賞 (日本溶接協会賞)
  6.4 業績賞 (日本溶接協会賞)
  6.5 貢献賞 (日本溶接協会賞)
  6.6 技術賞 (日本溶接協会賞)
  6.7 溶接注目発明賞(日本溶接協会賞)
7. 日本溶接協会組織図
8. 専門部会・委員会の変遷
9. 事務所一覧
10. 支部一覧
11. 会員の変遷
12. 財務の推移
13. 官公庁等からの受託研究一覧
  13.1 原子力関係
  13.2 防衛庁関係
  13.3 工業技術院関係(規格協会等を含む)
  13.4 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 関係
  13.5 科学技術庁関係
  13.6 宇宙開発事業団関係
  13.7 日本原子力発電(株)関係
14. 溶接関係規格一覧
  14.1 JIS一覧表
  14.2 WES一覧表
  14.3 ISO・IEC一覧表
15. 全国溶接技術競技会開催一覧
16. 溶接技能者評価試験
  16.1 溶接技能者評価試験の受験者数及び合格者数の推移
  16.2 アルミニウム溶接技術検定試験の受験者数及び合格者数の推移
  16.3 アルミニウム溶接技術検定種別資格者数の推移
17. 溶接技術者関係資格認証
  17.1 溶接技術者評価試験の受験者数及び合格者数の推移
  17.2 溶接作業指導者資格認証数の推移
  17.3 SWE (Senior Welding Engineer)資格取得者数の推移
18. マイクロソルダリング技術資格認定
19. 溶接検査事業者認定
  19.1 溶接検査事業者認定 (CIW) 認定事業者数の推移
  19.2 主任検査技術者及び主任試験技術者の受験者数と合格者数の推移
  19.3 CIW 登録技術者数の推移
20. WES鋼種認定一覧
  20.1 溶接用高張力鋼板
  20.2 低温用圧延鋼板
21. ガス溶断器認定一覧
22. 日本溶接協会文献リスト
  22.1 部会・委員会出版関係(最近10年分)
  22.2 日本溶接協会編集・監修による図書(最近10年分)
  22.3 その他の編集,監修による図書(最近10年分)
  22.4 その他の出版物
第15編 日本溶接協会50年史
年表
編集後記
奥付