接合・溶接技術Q&A / Q02-01-10

Qサブマージアーク溶接用フラックスを雨でぬらしてしまいました。再乾燥して使えますか。

サブマージアーク用のフラックスは,製造方法により溶融フラックスとボンドフラックスに大別される。ボンドフラックスは焼成温度によってさらに分けられるが,この質問の場合では,ボンドフラックスに一括して取り扱っても差し支えないので,敢えて分けては考えない。

(1) 溶融フラックスの場合

一般に溶接材料に水分は禁物で,雨に濡れた溶接材料は廃棄処分と考えておくことが無難であるが,溶融フラックスの場合は例外に近い。

ただし,濡れたままで時間が経過すると変質する心配があるので,できるだけ早く乾燥して十分に水分を除去しなければならない。さらに本溶接の施工前に,作業性に問題のないことを確認の後,使用せねばならない。

(2) ボンドフラックスの場合

乾燥の過程で,添加されている金属粉が酸化消耗されるなど,成分が変質するおそれがある。さらに粒度の変化も考えられるので,廃棄するなど溶接には使用できない。

〈飯塚 眞平〉

このQ&Aの分類

溶接材料

このQ&Aのキーワード

フラックスの再乾燥

Q&Aカテゴリ一一覧