Q&A1000カテゴリ検索に戻るQ&A1000サイトマップに戻る  (社)日本溶接協会/溶接情報センター 

 

 

The Japan Welding Engineering Society

  

   

▼No.

Q03-03-27

 

▼小分類

浸透探傷試験

 

▼キーワード

毛管現象

 

 溶接技術教育シート
  (IIWシラバス)
 Keyword検索

 

            
 

※教育シートのご利用には
アクセス権が必要です

 

技術相談受付中

(回数制限あり)

溶接管理技術者限定

 

毛管現象とはどのようなものですか。

  

  

毛管現象とは,例えば水を入れた容器に布の一端を浸して布を容器の外に出した場合,しばらく放置すると容器内の水が布を伝わって全て外に出てしまう。また,手拭で汗がふき取れる現象1),白墨の先端を水に浸すと,白墨が水を吸い込んで全面が水で濡れてしまう現象などがその例である。

浸透探傷試験はこの毛管現象を利用しており,浸透液が欠陥の中に浸透する現象は,図1に示すように,容器の中に浸透液を入れ,そこに細い管を立てると浸透液は管を上っていくことと同じである。この現象を利用して欠陥の中に浸透液が浸透していく。また,微粉末で作られた現像剤によって欠陥内部の浸透液が現像剤中の微粒子間に広がっていく現象も毛管現象である。


参考文献

1)(社)日本非破壊検査協会編:浸透探傷試験Ⅱ

〈鈴木 尚美 / 2012年改訂[字句修正]〉