LAST UPDATE
2016/8/22
 
      最新技術情報

■利用上のご注意■

・この最新技術情報の記事は、日本溶接協会 専門部会・研究委員会等が日本溶接協会誌 「溶接技術」産報出版 発行)に寄稿したものです。各記事の記述内容はそれぞれ発刊時点のものです。

・直近の動向を踏まえ、当サイト掲載に当たって一部修正したものがあります。その場合、各記事のフッタ部分に明記してあります。

・各記事を利用して得られた成果を公表する際は、引用を必ず明記してください。

 

 マークは連載記事を表し、タイトルをクリックすると目次が開きます。
連載目次をすべて開く連載目次をすべて閉じる
日本溶接協会
平成27年度「次世代を担う研究者助成事業」成果報告 
溶接技術
2016年8月号、
9月号掲載

1.溶接構造物の力学的諸問題の解決にむけ た革新的溶接力学解析手法の構築 
大阪府立大学 大学院工学研究科 生島 一樹

2.極薄冷間圧延鋼板への摩擦熱を 利用した固相接合の検討 
香川高等専門学校 伊藤 勉 / 香川大学 吉村 英徳

3.異形部材の抵抗溶接における 最適条件の解明 
三重大学 大学院工学研究科
尾崎 仁志・太田 雄・松谷 亮太・川上 博士・鈴木 実平

4.次世代700MPa級橋梁用高降伏点鋼 ハイブリット桁溶接部の溶接割れ機構の解明 
岐阜大学 工学部 木下 幸治

5.摩擦熱利用による低入熱異材接合手法の確立−Ti-6Al-4Vと軟鋼の場合− 
兵庫県立大学 大学院工学研究科 木村 真晃

6.構造材料の精密・低温接合に向けた金属塩被膜付与インサート材の創製 
群馬大学 大学院 理工学府 機能創製部門 小山 真司

7.溶接技能の伝承支援 
新居浜工業高等専門学校 日野 孝紀

8.二相ステンレス鋼溶接部のミクロ組織形態を考慮した水素拡散挙動の数値解析 
大阪大学 三上 欣希

9.粒子法を用いた粘弾性体の塑性流動解析
−FSW(摩擦攪拌接合)シミュレーションモデルの開発− 
大阪大学大学院 工学研究科 宮坂 史和

10.マルチセンサカメラを用いた溶接中その場観察・温度計測手法の開発 
広島大学 大学院 工学研究院 山本 元道・山下 正太郎

日本溶接協会 溶接材料部会技術委員会
 溶接材料規格(ISO/AWS/JIS)の最新状況 
溶接技術
2013年1月号、
5〜12月号掲載
日本溶接協会 溶接棒部会(現:溶接材料部会)技術委員会
業種別に見た各種溶接材料の現状と将来に関する調査 (PDF) 
溶接技術
2011年10月号掲載
日本溶接協会 化学機械溶接研究委員会
 プラント圧力設備の溶接補修 (全6回)
溶接技術
2010年7〜12月号掲載
日本溶接協会 溶接棒部会(現:溶接材料部会)技術委員会
ISO整合化JIS制定内容の解説
―JIS Z 3940 溶接ヒュームのデータシート―
溶接技術
2010年7月号掲載
日本溶接協会 溶接棒部会(現:溶接材料部会)技術委員会
溶接材料ISO整備とISO整合化JIS改正の最新状況
溶接技術
2010年4月号掲載
日本溶接協会 溶接棒部会(現:溶接材料部会)技術委員会
 溶接材料の国際整合化に基づくJIS改正のポイント (全8回)
溶接技術
2009年1〜8月号掲載
日本溶接協会 溶接棒部会(現:溶接材料部会)技術委員会 共研第6分科会
 ガスシールドアーク溶接のシールド性に関する研究報告 (全6回)
溶接技術
2009年5〜10月号掲載
日本溶接協会 車両部会
スポット溶接条件の諸因子が溶接品質に及ぼす影響
−ステンレス鋼製車両− (PDF) 
溶接技術
2006年12月号掲載
日本溶接協会 安全衛生・環境委員会
溶接および溶断の安全・衛生に係る法令 (PDF) 
溶接技術
2003年7月号掲載