一般社団法人 日本溶接協会 溶接情報センター

溶接用語事典アプリ

利用規約

第1条(本規約)
この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、一般社団法人 日本溶接協会(以下、「当協会」といいます。)が提供する溶接用語事典(以下、「本アプリ」といいます。)の利用条件を定めるものです。本アプリのご利用者様(以下、「ユーザ」といいます。)は、本規約に従って、本アプリをご利用いただきます。ユーザが本規約に同意をされていない場合には、本アプリをご利用いただくことはできませんので、その場合は直ちに本アプリの使用を中止してください。本アプリをダウンロード、インストールし使用する場合、ユーザは本規約に同意したものとみなします。

第2条(本規約の変更)
当協会は、ユーザの承諾を得ることなく事前の告知なしに本規約の全部又は一部を改定することができるものとし、改定後の本規約は、本アプリの利用規約ページに掲載されたときをもって効力を生じ、改定後の内容が適用されるものとします。

第3条(本アプリの利用料)
1. 本アプリは無償でダウンロードできますが、本アプリ内の一部については、有料コンテンツとなります
2. ユーザが購入した本アプリの有料コンテンツについて、理由の如何に関わらず払い戻しは一切行いません。
3. 本アプリにおいて無償または有料とされているコンテンツについて、当協会の裁量でその価格を変更することがあります。
4. 通信費・インターネット接続料・機器等の費用など、本アプリを利用するために必要な全ての費用は、ユーザの負担とします。

第4条(著作権)
1. 本アプリ及び本アプリに収録されている一切のデータ(以下、このデータを「本アプリデータ」といいます。)の著作権は、当協会に帰属します。
2. 本アプリデータの使用は、本アプリ上でのみ使用が認められます。本アプリデータを不正に取り出すことは禁じます。

第5条(禁止事項)
本アプリの利用に際し、当協会はユーザに対し、次に掲げる行為を禁止します。当協会は、ユーザが禁止事項に違反したと認めた場合、当協会が必要と判断した措置を取ることができます。
(1) 当協会または第三者の知的財産権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウなどを指します)を侵害する行為。
(2) 通常利用の範囲を超えてサーバに負担をかける行為、およびそれを助長するなどの、本アプリの運営を妨げる行為。
(3) 当協会または第三者の名誉・信用を毀損または不当に差別もしくは誹謗中傷する行為。
(4) 本アプリ内のサービスに関わる記載について無断でそのコピー、複製、アップロード、提示、伝送、配布等をする行為。当協会及び第三者の財産、名誉、信用、プライバシー権、肖像権、パブリシティ権、知的財産権その他、一切の権利を侵害する行為。
(5) リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルその他の解析、分析もしくはいかなる方法であっても本アプリを機械読み取り可能な状態に改変、修正また翻訳する行為。
(6) その他、当協会が不適切と判断する行為。

第6条(本アプリの停止・変更・終了)
1. 当協会は、以下各号の事由がある場合、本アプリの運用の全部又は一部を停止することができ、当該事由に起因してユーザ又は第三者に損害が発生した場合であっても、一切の責任を負わないものとします。
(1) 定期的又は緊急に本アプリ提供のためのコンピューターシステムの保守・点検を行う場合。
(2) 火災・停電、天災地変等の非常事態により本アプリの運営が不能となった場合。
(3) 戦争、内乱、暴動、騒擾、労働争議等により、本アプリの運営が不能となった場合。
(4) サービス提供のためのコンピューターシステムの不良及び第三者からの不正アクセス、コンピューターウイルスの感染等により本アプリを提供できない場合。
(5) 法律、法令等に基づく措置により本アプリが提供できない場合。
(6) その他、当協会が止むを得ないと判断した場合。
2. 当協会は、前項により本アプリの運用を停止する場合、ユーザへの適宜の方法で通知するものとします。但し、緊急の場合は、この限りではありません。
3. 当協会は、事前にユーザへ通知することにより、本アプリの全部または一部を中止または終了することができ、これによりユーザに損害が発生した場合であっても、当協会は一切の責任を負わないものとします。

第7条(免責)
ユーザは以下の本アプリへの免責事項を了解の上、利用することとします。
1. 本アプリの利用については、ユーザ自身の責任において行うこととし、当協会は、本アプリの利用により発生したユーザの損害に対し、一切の責任を負いません。
2. 当協会は、本アプリに対する以下各号をはじめとする一切の保証を行いません。
(1) 本アプリがすべてのユーザの端末に対応していること
(2) OSのバージョンアップやアプリケーションのアップデートをしたことにより、本アプリに関し一切の不具合も問題も発生しないこと
(3) 本アプリの利用に中断またはエラーが発生しないことや、機器に不具合、誤作動や障害が生じないこと
3. 当協会は、本アプリを通じて知り得る情報について、その完全性、正確性、確実性、有用性等に関して、いかなる責任も負いません。

第8条(協議解決の原則および管轄裁判所)
1. 本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
2. 本アプリに関して紛争が生じた場合には、その訴額に応じ、当協会の本部所在地を管轄する簡易裁判所又は地方裁判所をもって専属管轄裁判所とします。

ページのトップへ戻る