WE-COM 最新号トップへ(WE-COM会員のみ) | この号のトップへ | WE-COM バックナンバートップへ

アーク溶接作業の安全と衛生
(第7回)

(3) 自動遮光形溶接用保護面

アークの点弧の際に,保護面でのカバーが遅れることによって生じる眼障害を防ぐために,保護めがねを着用することは有効な対策ですが,ティグ溶接の場合などのように両手を使用する作業では,保護面でのカバーが遅れるばかりでなく思うように防護できないことがあります。

そこで,近年,溶接用保護面を着用した状態では明るく(遮光度番号が1.7〜5)アークの発生と同時に暗く(遮光度番号が10〜16)なるように遮光度を自動的に切り換える機能を備えた「自動遮光形溶接用保護面」の使用が急速に普及しています。

写真8.3に自動遮光形溶接用保護面(例)を示します。

写真8.3 自動遮光形溶接用保護面(例)

 

(4) 保護作業服

アーク光は,強力な紫外線,熱線を大量に放射しているため,遮光保護面のほかに皮膚表面を覆う必要があります。そのため,次の保護具を着用しなければなりません。

① 保護手袋 JIS T 8113(溶接用かわ製保護手袋)

② 作業衣 紫外線を吸収しやすい紺色等の濃色の色彩で,かつ紫外線の透過の少ない分子構造の繊維素材で,紫外線を許容値以下に遮光する性能のある作業服であること。瞬間的なアークトーチの熱やスパッタの熱で燃え上がりにくい難燃素材であること。


(WE-COM会員のみ)