WE-COM トップへ |

ようこそ  様 | ユーザ情報変更 | ログアウト

年 頭 所 感

一般社団法人 日本溶接協会
会 長 粟飯原 周二

新年明けましておめでとうございます。

昨年、国内景気は緩やかな回復が続き景気拡大の長さは戦後2位の「いざなぎ景気」を超えました。特に建築鉄骨は2020年東京オリンピック関連に加え、複数のビッグプロジェクトが始動しており、今後とも景気を下支えするものと期待されます。反面、少子化の影響もあり有効求人倍率はバブル期を超え人手不足は深刻化しています。

日本溶接協会の活動状況ですが、溶接技能者及び溶接管理技術者を中心に受験者数は増加傾向にあり、認証事業は順調に推移しております。しかしながら、溶接界でも人手不足が顕著化しており、中長期的な視野での取り組みが喫緊の課題です。具体的な対策として外国人、女性、若年者の溶接界への取り込みが上げられます。厚生労働省は外国人技能実習制度を改正し滞在期間を5年に延長しましたが、当協会も新制度に対応した評価試験を開始しました。

溶接技能者認証では新規受験者の合格率が低下していることから、新しい溶接技能者教育を指定機関及びポリテクセンター等の教育機関のご協力のもと全国で開始します。また、かねてより強い要望のあった熟練技能者を顕彰する日本溶接協会溶接マイスター制度の新設に取り組み、技能伝承を積極的に推進する予定です。加えて受験者サービスを格段に向上させることを目的に認証システムの高度化作業を開始しており、マイページ及びウェブ申請化で業務の迅速化、効率化と品質向上を図ります。

WE-COM活動では、WE-COMマガジンに新しい話題やトピックスを掲載するとともに、より読者に近い内容としてWE関係者のインタビュー記事や体験紹介も掲載しており溶接の楽しさや魅力、資格取得の意義などをより一層ご理解頂けるよう努めております。

また、技術相談にも多くの質問が寄せられ、回答に対する感謝の言葉を多数頂いております。今後とも、溶接管理技術者の方々への情報発信とサービスの提供をより一層充実させたいと考えておりますので、まだWE-COMに登録されていない関係者の方々に、登録を勧めて頂ければ幸いです。

昨年、溶接界の総力を結集する目的で、溶接学会との共同事業を検討するJIW共同企画委員会を立上げました。技能伝承、イノベーション、アウトリーチ等の活動を開始しますが、2018年4月に東京で開催される国際ウエルディングショーでは、溶接連合講演会を発展的に拡大する目的で「未来」をキーワードに特設ブースを出展し、溶接シミュレータの体験コーナーを設けIoTを活用した技能伝承を取り上げます。また、国際ウエルディングショーに向けて、溶接技術コミック“浪速博士の溶接がってん!R”の続編を発行する予定です。是非とも、関係者をお誘いの上、国際ウエルディングショーにご来場下さい。当協会ブースで、“浪速博士の溶接がってん!”の続編を進呈します。

最後になりましたが、今後とも当協会活動の一環であるWE-COM等をご活用頂き、より良い年となりますよう心から祈念しまして、新年のご挨拶といたします。