WE-COM 最新号トップへ(WE-COM会員のみ) | この号のトップへ | WE-COM バックナンバートップへ

民間企業の教育に関わる社会貢献活動
「大阪大学接合科学研究所 国際溶接技術者(IWE)コースの例」

2.1 アーク溶接実験

最初の実験・実習は、アーク溶接法・機器に関わるものです。先ず座学による説明を受けた後(写真1)、各種溶接法の操作実習を通じた動作原理の理解、溶接機器の内部観察による機器構成の理解、アーク現象の観察方法等について体験します。一例として、外部特性の測定実習(写真2,3)、グラビティ溶接の原理説明と実演(写真4)、サブマージ溶接機の機器構成の説明と操作実習(写真5)、溶接電源内部構造の説明(写真6)を示します。

写真1 座学風景

写真2 外部特性測定実習(1)

写真3 外部特性測定実習(2)

写真4 グラビティ溶接の説明

写真5 サブマージ溶接機の操作実習

写真6 溶接電源内部構造の説明


(WE-COM会員のみ)