WE-COM 最新号トップへ(WE-COM会員のみ) | この号のトップへ | WE-COM バックナンバートップへ

第19回

WE-COM技術相談は発足以来9年が経過し、これまでに248件以上の相談が寄せられています。相談の中からWE-COM会員の皆さんのお役に立ちそうなものを選んで6ヵ月ごとに事例集として公開しており、事例集は今回で19回となりました。今回の事例集のみならず、過去の事例集も活用して戴ければ幸いです。相談の多くは、品質保証・施工管理および金属材料・溶接性の2分野であり、この2分野で全体の約75%を占めています。

また相談の多くは“実務で生じる技術問題”ですが、日頃、疑問に思っておられる事を含めて、溶接に関する色んな相談をお受けしています。相談者の保有資格は1級と2級がほとんどであり、あまり難しく考えずに気軽に技術相談を利用して戴いています。回答を作成するに当たっては、相談者の立場に配慮すると共に相談の背景を伺い、丁寧な回答に努めていますので、皆さんの生産活動のお役に立っていると信じています。

今回は品質保証・施工管理分野から2件、および金属材料・溶接性分野から1件の事例を紹介します。

 

相談例55.溶接施工法試験の溶接姿勢について2

相談例56.ASME Sec IX 溶接技能認定の要求事項と認定範囲3

相談例57.ろう材の評価試験について4



(WE-COM会員のみ)